【香南市パン屋】モンゴモンゴは南国風のおしゃれカフェだった

高知
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

香南市にあるパン屋さんmongo mongo(モンゴモンゴ)のパンやメニュー・食べてみた率直な感想も紹介!アクセス方法についても解説していきます。

高知市内より車で約25分。今回は香南市にある「mongo mongo(モンゴモンゴ)」というパン・洋菓子のお店に行ってきました。

パンへのこだわりが素晴らしく、もちろんランチ・カフェにも最適なお店です。

mongo mongoではふるさと納税の返礼品対象でもあるようです。パンはもちろんランチやカフェにもどうぞ。

行ったことない方はもちろん、パン好きにはぜひ行ってほしい。

行くなら早い時間がおすすめ!午後遅くに行くとパンが少なくなっていたので。

香南市にあるパン・洋菓子のお店モンゴモンゴ
高知県香南市野市町父養寺5−4
11時30分~17時営業:月火・第1・3日曜定休
電話:0887560250

南国テイストな外観でついつい写真を撮りたくなるオシャレ具合。

なんでもここのお店は双子の姉妹で経営されているんだとか。

ホームページには「ひとりがパンを焼き、もうひとりが洋菓子を作っています」との表記。

なのでどちらかがお休みの時は、「パンの販売はお休みします」なんてこともあるそうです。

モンゴモンゴの駐車場
駐車場は4~5台ほどスペースあり

この日は夕方ごろにお邪魔。けっこうギリギリになってしまいましたが、それでもお客さんが5~6名はいらっしゃいました。

県道237号の細く狭い道の沿いにあるので、運転するときにはご注意を。周囲には目立つ建物がないので目印にできるものが無いかもしれません。

モンゴモンゴの看板
モンゴモンゴの看板。通り過ぎることはないと思うけど、一応目印にどうぞ。

店内も南国の雰囲気漂うお店です。

中にお客さんがいたので写真は撮影できませんでしたが、公式ページなどからも店内を確認できます。

ランチのカレーエッグベネディクトも有名なようですね。

洋菓子はラスクやカヌレなど、ショーケースには美味しそうなケーキが並んでいました!かき氷の販売もあるそうです。

モンゴモンゴの注意書き
カフェを利用する際は、パンorケーキを選択。飲み物のみの注文はNG。
モンゴモンゴのメニュー
カフェメニュー。コーヒーにもこだわってらっしゃいますね。

そしてお目当てはパン!口コミや評価も高くこちらも大人気です。

リンゴ・にんじんから起こした自家製酵母種を使用し、粉・酵母種・水・塩のみでこねて醗酵させ、焼き上げたこだわりパンだそうですよ。これは興味を惹かれますねぇ…!

ということで実際に3つのパンを購入してみました。

あんバターくっぺ
はちみつバタークリームパン(200円)。

中に挟んであるはちみつの控えめな甘さとバター、パン生地のもちふわ感が一体となって美味しいです。

黒豆きなこパン
黒豆きなこパン(180円)。

上にはきなこがまぶしてあり、中は柔らかくて甘い大粒の黒豆がゴロゴロと入っていて新しい!

ヘルシーなパンですね。甘すぎないし、世代問わず受けそうです。

クリームパン
クリームパン(150円)
クリームパンの中身はぎっしり
中には特製のカスタードクリームがぎっしり!

普通のカスタードよりそこまで重くなく、パン生地と相まって素朴なクリームパン。

上に粉がふるってあるのですが、個人的にちょっと多いかなと感じました…

ただ味は抜群に美味しかったです。もっと近くにあれば何度も買いに行きたいんだけどな…。

この日は夕方だったのでパンも売れて少なくなってました…人気店なので、行くならオープン直後に行けば間違いないと思います。

モンゴモンゴでは、

  • パンの詰め合わせ
  • 洋菓子の詰め合わせ
  • チーズケーキ

がふるさと納税の返礼対象品にもなっているみたいです。興味がある方はそちらもどうぞ。

商品・営業時間についてモンゴモンゴ公式ページで詳細が確認できますので行かれる際には要チェック!