【高知】御菓子司新月はお団子を自分で焼いて食べられる!かき氷も絶品

スポンサーリンク
高知
この記事は約3分で読めます。

高知市内にある和菓子のお店「御菓子司新月」。

普段は何気なくお店前を歩いていたのですが、なにやら普通の和菓子屋さんではないようで…

つい最近知ったのですが、新月ではなんと自分でお団子焼いて食べることが出来るんです!

しかもかき氷も絶品!自家製のシロップで夏になれば必ず食べたくなる逸品でした!

スポンサーリンク

高知の御菓子司新月とは

御菓子司新月
高知県高知市本町3丁目4−7
9時30分~18時30分:日曜定休日

帯屋町・大橋通り商店街を抜けて路面電車が走っている道路を横断。

そうすれば新月がある天神橋通商店街に到着します。帯屋町商店街と比べれば少し活気で劣りはしますが、こちらにも良いお店はたくさんありますよ。

なんでも今回紹介する新月は、

御菓子司新月とは
  • 昭和28年に創業
  • 饅頭など和菓子のお店
  • お団子を自分で焼ける
  • 自家製シロップかき氷も人気

昭和28年なので今年(2019年現在)で66年目!老舗の和菓子屋さんですが、こちらのシステムが非常に面白く、お団子・かき氷は特にオススメでした。

さらに店内には、代々受け継がれてきたお菓子の型が。

新月の御菓子制作の道具
これを使って高知県民に長年笑顔を与えてきたんですね。非常に使い込まれてる感じが見てるだけでも伝わってきます。

店内にはトミーズさんのサインなどもあったので、芸能人の方も来られたようですね!

新月のメニュー

新月の店内
店内はテーブルが2つほど。

新月では季節によっていろんな和菓子がショーケースに並ぶそうですが、店内でも食べられる軽食もあります。

メニュー1
お団子屋さん450円

みたらしとあんこの2種類のタレで楽しめます。

メニュー2
抹茶白玉あずき650円
黒蜜きな粉グラノーラ600円
メニュー3
自家製のシロップはゆず・抹茶・ほうじ茶・黒蜜きな粉。
かき氷メニュー
イチゴ 
レモン 
メロン 
ハワイアンブルー各350円
自家製シロップ
ゆま(みぞれ)350円
ゆず450円
抹茶500円
ほうじ茶450円
黒蜜きな粉550円
トッピング
ミルク 
あずき 
グラノーラ 
白玉(2個)各50円
おいり100円
メニュー4
磯辺焼き450円・黒糖くるみきなこ餅500円
メニュー5
抹茶パフェ500円・珈琲ぜんざい500円
メニュー6
ドリンクメニューは全て350円。抹茶を点てる体験もできます。

ブレンドコーヒー
アイスコーヒー
自家製ゆずジュース
自家製ゆずソーダ
自家製ゆず茶
しょうが湯
オレンジジュース
カルピス
抹茶

メニューを見ているだけでも楽しくなっちゃいますね。抹茶を点てたり、自分でお団子を焼いたりと新月では自分で体験できるのも魅力の1つ。

どれも食べてみたいですが胃袋には限界があるので、団子とかき氷を頼んでみました!

お団子を焼いて自家製シロップでかき氷を食べる

新月のお団子
タレは左からこしあん・みたらし

実際に注文してみると、こんな感じで七輪と一緒にお団子がやってきます。ただお店の方曰く、焼く際には

  • タレをつけて焼かない(煙る)
  • 10分ほどで焼きあがる

ということに注意してくださいとのこと。ではさっそく焼いてみましょう!

七輪に団子を乗せる

かなり熱された状態で七輪を持ってきてくださいます。うちわもあるので扇ぎながらそれっぽく焼いていると、

団子に焼き目がつく

良い感じの焼き目がついてきました。これだけでも美味しそうですね…!もう少し焦げ目をつけてからタレをつければ完成!

お団子

みたらしとこしあんです。焼き目がカリカリ、食べやすいサイズで口紅も汚れにくい。親子連れや友達同士でやると一層楽しい。

抹茶のかき氷
白玉がついてます

ここのかき氷は全然薄くないし、どこを食べても濃い抹茶の味がして美味しいです!あんこはもちろん、白玉がもちもちで最高。また食べたいなぁ。

新月では月に1度、実際に和菓子を作るワークショップも開催されています。

新月のワークショップのご案内
参加費1500円。詳しくはお店(0888725419)にお問い合わせください。

観光等でも天神橋通商店街まで来られる方は少ないような気もしますが、ここは行く価値あり!高知県民はもちろん、観光の際にもぜひ足を運んでみてください。