保護猫カフェ「にゃんこメリー」へ行ってきた【高知県日高村】

保護猫カフェ「にゃんこメリー」へ行ってきた【高知県日高村】高知
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2019年7月20日にオープンした高知県高岡郡日高村の保護猫カフェ「にゃんこメリー」へ行ってきました。

里親さんと子猫の出会いの場ではありますが、「猫が好き」という猫好きの人でも気軽に利用できますよ。

お部屋の中には元気いっぱいで人懐っこい子猫が…!猫ちゃんたちがいる部屋とは別に軽食を食べられるスペースもあります。お店の方が非常に明るいので、猫ちゃんとオーナーさんの両方から元気をもらえる猫カフェです!

実際に行ってきましたので「にゃんこメリー」の詳細をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

保護猫カフェ「にゃんこメリー」

保護猫カフェにゃんこメリー
高知県高岡郡日高村九頭181−13
11時~16時営業:水・日定休日(祝祭日の場合は営業)
電話:0889391843

2019年7月20日に日高村にオープンした保護猫カフェにゃんこメリー。お店の登録自体は3月の下旬にはできていたようですが、軽食や飲食スペースの提供もあったため許可取りに時間がかかり、少し遅れて7月にオープンとなりました。

保護猫カフェなので里親さんとのマッチングの場でもあり、猫が好きだけど飼えないんだよね…という人でも猫ちゃんたちと触れ合える場でもあります!

お店は個人宅の横に併設されているので、少しわかりにくいかもしれませんが、下記のマークがある建物がにゃんこメリーの店舗になります。

にゃんこメリー:外観

駐車場はお店横に2台分、さらに奥にもう2~3台分停められる場所がありました。日高村のほうにはあまり足を運んだことがないため場所がよくわからず、事前にお店の方に電話をして訪問。高知市内から行く場合は国道33号日下川にかかる橋を左折し、山肌が見えている方角に車を進めれば上記の建物が見えてくるはずです。

すでに何組かお客さんがいらっしゃいましたので奥の方に車を停めていざ店内へ!

にゃんこメリーの料金はこちら

にゃんこメリー:入り口

まずは靴を脱いで店内へ。スリッパに履き替えても良いし、靴下を履いていればそのままでも入店できます。入り口に受付があるので、そちらで「猫ちゃんが嫌がることはしない」「写真撮影はフラッシュを使わない」等の基本的な注意事項を聞いたら

にゃんこメリー:同意書

こちらの同意書に署名。何人かいる場合は1人だけ署名すればOKです。こちらが時間と価格表。

にゃんこメリー:料金表と説明書き
30分500円ドリンク無し
60分800円ワンドリンク付
90分1000円ワンドリンク+猫ちゃんのおやつ付
120分1200円
定額制月2000円1日1回60分(ドリンク無)利用可能

PayPayも使えます。
小学生以下は半額・シニア 60歳以上は3割引きです。

猫ちゃんと触れ合える部屋猫ちゃんを眺めながら軽食がとれる部屋という2つの部屋があり、自家製のお弁当(数量限定)や唐揚げなども販売されている猫カフェ。猫カフェというとドリンクだけっていうイメージが強かったので、軽食もあるのは新鮮ですね。

にゃんこメリー:お弁当とお菓子

店内で作られたお弁当は300円という安さ!この下にはクッキー(4個入り100円)も販売されています。唐揚げやフライドポテト・フランクフルトなどの価格はこちら。

飲食スペースでも食べれるし、唐揚げは持ち帰りも可能。猫カフェで自家製からあげの持ち帰りもできるのは珍しい!?「こだわりのタレに漬け込んだ結構おいしいからあげ」が気になりますが、料金を支払い、手洗い・消毒をしていよいよ店内へ。

スポンサーリンク

飲食スペースに入ってみた

にゃんこメリー:飲食スペース

猫ちゃんたちがいるお部屋から飲食スペースを撮影してみました。こういった感じのガラス張りなので、すぐそこの猫ちゃんを眺めながら軽食をとることが可能です。

ここにはにゃんこメリーの猫ちゃんたちのフォトブックや、プロフィールが書かれている冊子が置かれていました。

にゃんこメリー:冊子

プロフィール冊子には猫を保護した日付や名前、性別、兄弟の名前が記されていて、

にゃんこメリー:猫のプロフィール

各猫ちゃんたちの性格や特徴も説明されています。ここで猫ちゃんたちの特徴を知っておくと、理解も深まってより一層触れ合うのが楽しくなるかもしれません!

さっそく60分のコースで猫ちゃんたちがいるお部屋に入ってみました!

子猫ちゃんと触れ合う

にゃんこメリー:ふれあいスペース

ふれあいスペースに入ってみると、

あれ?猫ちゃんたちどこだろう…?

と最初は見当たりませんでしたが、もう少し奥に入ってみると…

にゃんこメリー:猫1

猫ちゃんたち発見!一か所に集まっててしかも入り乱れているので、どこがどうなっているのか写真ではわかりにくいですが可愛い…!私も顔を埋めてモフモフしたいです。笑

にゃんこメリー:ドリンク

ドリンクにはふたもついていますが、シロップを入れたら部屋の中にあるゴミ箱へすぐに捨てましょう。猫ちゃんがイタズラをしてしまいます。

なにやら窓際に人影ならぬ猫影を見かけたので覗いてみると…

にゃんこメリー:猫2

ひょっこり猫さん!外を見てたそがれてたのかな?にしても可愛いすぎて可愛いを連発しまくってます。ちょうど猫ちゃんたちが眠たい時間帯でしたが、この子達は全体的に人懐っこくて、

にゃんこメリー:猫3

普通に座っているだけでも猫のほうからこっちへやってきてくれます。「え?なに?」と言いたげな表情。おもちゃもあるので使ってみると、めっちゃ喜んで遊んでくれますよ。

にゃんこメリー:猫4

おもちゃを狙う瞬間を激撮。躍動感あふれてます。

時折お店の方も様子を見に来てくれるんですが

○○ちゃんかわいいねぇ~!!!

とオーナーさんも猫ちゃんを溺愛されているので、猫ちゃんたちも家族同様に愛情をたっぷり注がれていました。

さらに先ほどまで寝ていた猫ちゃんが、急にトテトテと歩いてきてなぜか妻のスカートの上に座り、再びウトウトし始めました。

にゃんこメリー:猫5

あぁ~可愛すぎる!これは羨ましい!

そして数分も経たないうちに

にゃんこメリー:猫6

ふただびぐっすり寝てしまいました。妻の服の色と猫ちゃんの毛色が似てたので親近感湧いたのかな?にしてもこんなことされたら帰るのも気が引けてしまいます…。やっぱ可愛すぎ!

このときはすでに残り時間が5分も無かったので、この子を時間いっぱいまで眺めながら終了。

最初に集まっていた子たちもぐっすり眠っていました。

にゃんこメリー:猫7

リラックスしてくれてるのかすごい寝相ですね。笑

猫ちゃんたちと戯れても、寝ている姿を見ても「一緒に同じ空間にいる」、ただそれだけで日々の疲れを忘れさせてくれるほど癒されたのでした。

名残惜しいですがここで終了。ホントに可愛くて魅力的な子ばかりです!

女性の場合はスカートで行くと猫ちゃんたちが噛んじゃったりしてしまうので、服装には気をつけましょう。

譲渡について

にゃんこメリー:譲渡についての説明

保護されている猫ちゃんたちの里親を希望される方は、にゃんこメリーのホームページをご覧ください。小さな乳飲み子のミルクボランティアも募集されています。

店頭でも活動への寄付は可能ですが、「高知ニャンとかなるワンの会」ホームページからも寄付について説明されています。

また保護活動について書かれた冊子も配布されていて、下記の場所で受け取ることが可能です

冊子が設置されている店舗一覧

高知県内の猫カフェといえばmocomoco(モコモコ)夢猫もありますので、猫好きならそちらにも足を運んでみてくださいね。