道の駅四万十大正-四万十川を眺めながらチョビうなを頂く

道の駅四万十大正-四万十川を眺めながらチョビうなを頂く高知
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

大規模な道の駅ではありませんが、目の前に雄大な四万十川が流れており、ちょうど四万十川の中間に位置する「道の駅四万十大正」へ行ってきました!

大自然を目の前に、テラス席で食べる四万十のうなぎを使った料理を食べるのはまさに至福のひとときです!

四万十方面へ行く際にはぜひとも立ち寄ってほしい道の駅の1つ。この地域で生活されている店員さんの接客に心も癒されること間違いなし。

道の駅四万十大正のメニューや土曜限定のパンなど、その魅力を余すことなくお伝えしていきます!

スポンサーリンク

道の駅四万十大正

道の駅四万十大正:外観

国道381号沿いにある道の駅四万十大正。高知市内から車を走らせているとわかるんですが、高知市内から西、または東へ進むにつれて飲食店や休憩できるスペースが次第に少なくなっていくんですよね。そしてそのかわりに増えてくるのが大自然!

ここからさらに西へ25分ほど車で移動すれば、同じく目の前に四万十川がある「道の駅四万十とおわ」もありますが、道の駅四万十大正も山々や四万十川に囲まれているので、ドライブでこのあたりに来たときには運転の疲れを癒そうと必ず寄る道の駅です。

道の駅四万十とおわはビュッフェバイキングも人気ですね!

地元のおじいちゃんたちが犬を連れて散歩してたり、日向ぼっこしてたりとのどかな光景を見れるのもまた田舎の道の駅の魅力の1つですよね。

道の駅四万十大正:出会い寿司

特に地元の「おばちゃん」たちが作った田舎寿司をはじめ、ここでしか食べられないメニューもあり、この地域だからこそ提供できる味と雰囲気は国宝級でした!

食堂のメニュー

道の駅四万十大正:うどん・丼メニュー

こちらが食堂のメニューです。うどんや丼ものがメインですが、四万十といえば「うなぎ」ですよね!ここでは四万十のうなぎを使った「うなぎの石焼混ぜご飯」「四万十うなかば丼」が名物で、観光シーズンになるとこの2つが良く売れるそうですよ。

道の駅四万十大正:セットメニュー

さっきのは単品ですが、セットメニューもついてます。持ち帰り用にソフトクリームや田舎寿司もあるので、中が混雑しているときにはそれを持って帰って車内で食べても良いですね。

パンの販売

道の駅四万十大正:土曜限定のパン販売

ちなみに土曜日限定で「卵」「牛乳」を一切使っていない「うでパン」「うでパンレーズン」が限定30個で販売されています!予約も可能ですよ。

焼き上がるのは11時ですが、あいにくこの日は土曜日ではなかったので購入できませんでした。しかしシンプルな材料だけで焼き上げるパンってのはパン好きとしては気になりますね!

お土産売場

道の駅四万十大正:お土産売場

店内には地元の方が作ったそばやきな粉、しいたけ粉などがなどが販売されています。他にも観光土産用のお菓子なども販売されていますが、中でも気になった「わさびそば」なるものをこの日は購入。

そばはもちろんそば湯まで美味しかったですが、その詳細はまた後日追加します。

追記:記事が完成したので追加しております!

目の前には四万十川

道の駅四万十大正:四万十川1

さらに外へ出ると、すぐそこには四万十川が流れています!ちょうどこの地点は196キロある四万十川の中間地点にあたるようで、上記のような掲示もありました。

中で注文した料理はここにあるテラス席でも食べられるんですが、景色が良いとはいえ夏場だと暑いので店内で食べるほうが現実的かな?逆に冬場だと寒すぎるので、春か秋がベストですね。せっかく来たなら寒かろうが暑かろうが高知、そしてこの四万十川でしか味わえないこの雄大な自然の中でぜひ食べてほしいです。

この看板から歩いて2~3歩ところには階段があり、

道の駅四万十大正:四万十川2

ここを下っていくと四万十川をすぐそこに感じられる岩場まで降りることができます!写真を撮るなら階段の真ん中で撮影したほうが良いですね!雨天時や大雨の翌日などは水位が上がるので階段から眺めた方が安心安全。

道の駅四万十大正:四万十川3

この四万十川の中で育った鰻や鮎はめちゃくちゃ美味しいに決まってる!都会にあるような河川とはわけが違いますよね。地元の方は見慣れているのでなんとも思わないかもしれませんが、県外からやってきた私らにとっては目の保養になります!

名物「チョビうな」をいただく

道の駅四万十大正:チョビうな売場

先ほど紹介した名物「うなぎの石焼混ぜご飯」も良いんですが、新商品である「チョビうな」を買ってみました。

道の駅四万十大正:チョビうな特徴
チョビうなとは…

白米にもち米をちょっとまぜて、「おばちゃん」らが作った秘伝のタレで炊き込んだごはんに、「四万十うなぎ」の尾のところをちょびっとのせて、うなかば丼をちょびっと気軽に食べれるようにしてみたき、ぜひ食べてみてや

という四万十うなぎおばちゃん秘伝のタレがコラボしたうなぎのおむすびなんです!(土日祝日限定販売)

お店という感じよりも、田舎のおばあちゃん家に来たみたいな雰囲気で、店員さんたちの接客もそれに近いような感じがあり和みますね。

道の駅四万十大正:チョビうな

しっかりと甘辛いタレがしみ込んだごはんに四万十うなぎの香り…!うな丼じゃなくても四万十うなぎをおむすびとして食べられるのはなんという贅沢なんでしょう!

丼は食べきれないけど、ちょっとだけ食べてみたいのよね

という人は絶対に食べるべし!

まとめ:道の駅四万十大正

場所高知県高岡郡四万十町大正17−1
営業時間7時30分~17時
(10月~3月)8時30分~17時
定休日なし
電話0880270088

観光シーズンになると駐車場が混みあいますが、それ以外なら比較的空いています。四万十方面に観光で来ると、どうしても長時間のドライブになって疲労も蓄積されますが、そういうときには道の駅でご飯を食べて、ゆっくり疲れを癒していきましょう!