道後温泉の観光なら3つの温泉・空の散歩道の足湯…どこがオススメ??

スポンサーリンク
愛媛
この記事は約4分で読めます。

道後温泉へ観光で行く!という人にはぜひ読んでほしい「道後温泉観光スポット」を元愛媛県民がまとめてみました!

今回は温泉足湯について紹介です!料金や入浴する際の注意事項もあるので、このページで確認しておきましょう。

スポンサーリンク

道後温泉へ来たら本館・飛鳥の湯・椿の湯のどれにする?

まずは温泉です!(年中無休ですが12月1日のみお休みです)

道後に来たのに温泉に浸からないなんてもったいない…!

紹介したいのは主に3つありますが、まずは道後温泉本館です!こちらはテレビなどで必ず目にする有名な温泉。この外観を見たことのある人も多いのではないでしょうか?

ここでは人力舎にも乗れるよ!!

道後温泉というとこの本館のことを指す人も多いですね。

(工事が全て終わるまでは部分営業)

  • 道後温泉本館(6時~23時):大人(12歳以上)410円 子ども160円…1時間

観光客だけではなく、地元の方も普通に入浴しに来られます。毎日混雑しているので、ゆっくり浸かるということが難しい…。周囲をホテルや旅館に囲まれているせいか「もっと大きいかと思った!」という人が多く、みなさんのイメージよりは小さいかもしれません。

2019年5月7日~お盆まで工事予定のため外観の写真撮影には適さないかも。入浴はできます。

お次は新しくできた道後温泉別館「飛鳥の湯」(6時~23時)。建物自体は現代的(アート)ですが、こちらでも源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。

露天風呂やプロジェクトマッピングもあるよ!


建物が綺麗なので情緒は薄れるかもしれませんが…。
(全て利用時間は90分です)

入浴のみ大人600円 子ども300円
入浴+休憩大人1250円 こども620円
入浴+休憩(個室)大人1650円 こども820円
家族風呂1団体2000円+大人1650円 子ども:820円
「入浴のみ」以外はお茶・お茶菓子つきです

個室で休憩や、家族でも入れるお風呂があるのが飛鳥の湯の良いところ!宿泊はできませんが、旅館のようにゆったりくつろぐことができますよ!観光シーズンは混み合うので、家族風呂に入るなら予約したほうが安心です。

最後は「椿の湯」(6時~23時)!地元の方も多く利用する公衆浴場です。ですが、こちらも源泉かけ流しなので観光客にもオススメできます!

  • 大人:400円 こども150円(1時間)

こちらは上記の2つと違い、休憩室がありません。入浴だけでいいや!という方向けですね。

基本的にどの施設にもシャンプー(飛鳥の湯1階を除く)・タオルなどの備付はありません。売店で購入or持参するようにしましょう。ドライヤーはあります(椿の湯のみ有料:3分10円)。

毎日のように混雑しているので、行くなら午前中の早い時間がオススメです!

道後温泉本館を眺められる空の散歩道!足湯もオススメ

入浴だけではなく足湯も楽しめますよ!足湯の場所は、

  • 道後温泉の商店街入り口(道後駅側)
  • 空の散歩道

の2か所で足湯を楽しめます。この時計台の裏側に足湯スペースがありますが、狭いため数人程度しか浸かれません。


坊っちゃんからくり時計台は8時~22時の間(1時間ごと)に中から人形が出てくるようになってます!撮影したい方は59分に待機しておきましょう!

もう一つは空の散歩道という施設です。ここから道後温泉を撮影したりできる展望台のような感じですが、足湯もできました!ベンチや季節の花が植えられている花壇もあります。

10人程度しか浸かれず、混んでいるときは他のお客さんが出るまで待たなければなりません。ですが、足湯に浸かって眺める道後温泉本館は最高でした!

道後温泉本館奥より行けます。徒歩でも車でも可。駐車場もあり。

足湯は他のお客さんも浸かれるように、長時間の利用は控えましょう。

道後温泉へは路面電車を利用するとラクに行けます。(料金は一律160円)

  • 松山市駅→道後温泉:約20分
  • JR松山駅前→道後温泉:約25分


坊っちゃん列車も運行しているので、時刻表はこちらから確認してください。

さてお次は道後商店街・道後公園のオススメスポットを紹介です!

道後商店街でみかんご飯!?鯛めしのオススメ3店舗や道後公園も!
道後商店街のオススメは鯛めしとみかんご飯!坊っちゃん団子やタルトなどのお土産もありますが、歩いて行ける道後公園の展望台も隠れスポットとして有名です!愛媛ならではのみかんご飯とは…?鯛めしが食べられるオススメのお店も紹介しています。