海に最も近い駅!愛媛県の観光名所「下灘駅」がただの駅ではなかった!

愛媛
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

知る人ぞ知る駅でしたが、今では観光スポットとしても有名になりました「下灘駅」。
下灘駅

恋人の聖地でもあるので、駅なのにカップルや夫婦にも推せる珍しい駅ですね。

車でも電車でも行けちゃいます!行ってみると思ったより海が近くて、最高のインスタ映えスポットでもありました!

今回は「下灘駅」の行き方駐車場についても説明していきます。

スポンサーリンク

下灘駅への行き方。車(駐車場あり)or電車でも行けます

下灘駅には車や電車でもアクセス可能です。

車で行く場合
松山駅から行く場合は、高速下道のどちらでもアクセス可能です。

  • 高速で行く場合:松山JCTより高速へ→伊予ICで降りる→国道378号線を道なりに

高速の場合は約45分ほどで到着します。
下道で行く場合は、交通状況にもよるけど約1時間はかかるかな?

駐車場
下灘駅周辺には3つ駐車スペースがあります。

1つは駅の駐車場です。とは言っても非常に狭く、既に車が止まっている場合が多いのであまりオススメはできません…。

2つ目は臨時駐車場です。(下灘駅までは徒歩5分)
平日(長期休暇以外)なら確実に停められます。

3つ目はしもなだ運動公園の駐車場です。(下灘駅まで徒歩15分)
ちょっと遠いですが、こちらは確実に停められます。近くにはガソリンスタンドもありました。

路肩に停めるのはやめてね!

駅周辺で路肩に駐車している人もいましたが、道幅が非常に狭いのでちゃんと駐車場に停めるしましょう。

電車で行く場合
松山駅から電車で行く場合です。
松山駅

  • 松山駅(3番乗り場)→宇和島行きor八幡浜行きor伊予大洲行きに乗車(片道550円)

(松山市駅ではないですよ!!)
1時間くらいで到着します。下灘駅までは便も多く、乗り換えなしで行けるので便利。

しかし、問題は下灘駅→松山駅の帰りです。

調べずに行ったら1時間以上待ったわ…

便が1時間に1本もないので、帰りの時刻も事前に調べて行くことをオススメします。

下灘駅には券売機がないです。なので帰る際には、乗車時に整理券を取り忘れないように注意しましょう。(支払は降りた駅の窓口で)

下灘駅は最高の写真撮影スポット!恋人にもオススメ

私は電車で行ってきましたよ!車内には25人くらい乗客がいましたが、ほとんどが下灘駅で下車しました。笑

ただの駅なのに観光客が多い!

駅自体は無人駅です。こんな感じで古いですが、なんとも言えない味があります。
下灘駅の駅舎
駅なのに、みんなが一斉に写真を撮りだすという不思議な光景を見ることができます。笑

海に最も近い駅」ということもあり、どの角度から撮っても良い画が撮れますねぇ。
海に最も近い駅下灘駅
この日は曇っていましたが、晴れた日にはもっといい写真が撮れるはず。
下灘駅の海

写真撮ってもらってもいいですか?

と声をかけられることも多いですね。何人かで行くなら、他の人に撮ってもらうのもアリですよ。

駅の構内には落書き帳もあります。北海道から来た人もいれば、地元の愛媛から来た人もいるみたいですね。

全国各地から訪れているようです。
駅構内にある落書き帳
せっかく来たなら、あなたも一言書いてみてはいかがでしょうか??電車が来るまでの間、いい時間つぶしにもなりますよ。

ぼーっと海を眺めるだけでも時間は過ぎる。駅裏にはカフェもあります

下灘駅周辺には、時間を潰せるような場所はほとんどありません。

人によっては退屈に感じるかも…まぁ景色を楽しむ場所だし。

ですが、駅の裏にはカフェもあります。
下灘駅にあるカフェ
若い女性はここで飲み物を買う人が多かったですね。

メニューは、

  • コーヒー(hot:350円 ice:400円)
  • カフェオレ(hot:400円 ice:450円)
  • みかんジュース…3種類。(日替わり??)500円
  • レモネード 450円
  • ゆずジュース 450円
  • ゆずスカッシュ 450円
  • ジンジャーエール 350円
  • 紅茶 300円(hotのみ)
  • ハーブティー 300円(hotのみ)
  • ホットゆず 400円(hotのみ)

食べ物はありませんでした。

飲み物を買って、あとは海をぼーっと眺めるだけでも心が洗われるようでした…。

社会で穢された心が澄んでいく…。

1人で来ていた人もいたので、人数に関係なく景色を満喫できる観光スポットだと思います!

「千と千尋の神隠し」の元になったと騒がれている「海に沈む線路」は個人の方の敷地です。勝手に入るのは迷惑なのでやめましょう。

千と千尋の神隠しの題材になんてなってないけどなぁ…。ただのデマだと思います。