【レビュー】マグナとふしぎの少女は子供向け英語学習の最先端アプリ!?

マグナとふしぎの少女アプリ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

舞台劇を見ている感覚で英語を学べる学習アプリ「マグナとふしぎの少女」が子ども向けの教材として最適!

  • 舞台劇を見ながら英語を学習できる
  • 実際に発音して英語を習得
  • 嫌々ではなく英語が好きになる

など英語学習が苦手な子にもおすすめできる英語学習アプリです。

舞台劇を通じて英語にも触れられるし、リスニングやスピーキングの力も身につきます。

そしてなんといっても飽きずに

はやく次のストーリーが見たい!英語を話したい!

という「自分から進んで学習する姿勢」になる珍しいアプリでした。

どちらかといえば子供向けのアプリですが

  • 未就学児~小学生
  • 英語の発音を基礎から学び直したい人

など子ども~大人まで対応可能です。

実際にプレイしてみて「いい点」「悪い点」をレビューしながら挙げていくのでプレイする前の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

マグナとふしぎの少女

「マグナとふしぎの少女」公式PV
英語発音ゲーム-マグナとふしぎの少女

英語発音ゲーム-マグナとふしぎの少女

MINTFLAG Inc.無料posted withアプリーチ

ある日突然あらわれた英語を話す謎の少女レイ、そして英語が分からない少年カイ。
2人が出会う事で、少しずつ言葉の壁・心の壁を越え、やがて世界を危機から救う事に・・・

マグナとふしぎの少女

従来の英語学習アプリとは違って、「マグナとふしぎの少女」はアニメーション舞台を見ながら学習が進んでいきます。

英語を話す少女とレイと全く日本語がわからない少年カイが出会い、お互いの言語がわからないながらもなんとか理解していく過程や、ストーリー自体がよく作りこまれているので気が付けばゲームへ感情移入してました

そして一番のポイントは、

プレイヤーのスピーキングで敵を倒す

という点です。読む・聴くだけではなく「英語を話せるようになりたい」と思わせてくれるシステムも素晴らしいです!

まずはゲームの良いところから紹介してきましょう。

メリット

アニメーション舞台で飽きない

マグナとふしぎの少女:アニメーション舞台で飽きない1

特徴的なのは舞台を見ながら英語を学習できるという点です。これは今までの英語学習アプリにはなかった発想ですね。

主人公のカイ・トト・ナディ、そして英語を話すレイが主体で物語が進んでいくんですが、まるで舞台を見ているかのような感覚です。

というより「舞台の中で演じている」というほうが正しいのかも。

マグナとふしぎの少女:アニメーション舞台で飽きない2

登場人物たちは基本的に日本語で話しますが、レイなどが話す英語のときはネイティブ英語なのでリスニングにも最適。下に英文が出るので字幕付で洋画を見ているような感じ。

英語学習がテーマですが、大人の私でもついつい見入ってしまう面白さ。子どもでも大人でも飽きずに学習を続けられるというのがgoodです。

わからない言語を何とか理解しようとするカイやレイたちの姿も可愛らしくて微笑ましいですね。

スピーキングで敵を倒す

マグナとふしぎの少女:スピーキングで敵を倒す1

主人公たちは「レジェンズ」と呼ばれるAIの戦士?を使ってレイを敵から守るんですが、その際のバトルではなんと「スピーキング」で実際に英語を発音して敵を倒すんですよ。これ凄くないですか?

マグナとふしぎの少女:スピーキングで敵を倒す2

この場合だと実際に「What is that?」を自分で発音するんです。

その前に例文を読み上げてくれるので、それをそっくりそのまま真似して発音します。英語を学ぶ際に大事な「シャドウイング」もゲーム内で可能なんですよ?

物語が進んでいくと、日本語⇒英語というバージョンもあるので実践的な英語力も身に付きます。

マグナとふしぎの少女:スピーキングで敵を倒す3

英語力を鍛える際には、ただ読んで問題を解くだけでは意味がないんですよね。

実際に文章を音読して、ネイティブ英語を聴いて真似するシャドウイングがかなり重要視されてきているので、勉強方法としても最適なシステムです。

発音を採点してくれる

マグナとふしぎの少女:発音を採点してくれる

実際に自分で英語を発音すると、スマホのマイク機能を使ってゲーム側で採点をしてくれます!

この点数が高いほど敵に与えられるダメージも増えるっていうシステム。

上手く発音できないとクリアも難しくなってくるので、英語力を鍛えないと…と自分から勉強したくなっちゃいます!

ストーリーを進めるにはバトルに勝たないといけない

【レジェンズ紹介】エジソン【英語発音ゲーム マグナとふしぎの少女】

ゲーム画面のスクショがなぜか撮れないので、ゲームシステムについては動画を見てください。タワーディフェンスのような感じです。

いくらでもアニメーション舞台を見れるってわけではなくて、バトルに勝たないとストーリーを進めることができないんです。

マグナとふしぎの少女:ストーリーを進める方法

バトルをクリアすることで次のストーリーが解放される=英語を使わないと進めない

ってことなので、必然的に英語を学習しないといけないんですよね。

プレイするとわかるんですけど、次のストーリーが展開がめちゃくちゃ気になります。笑

なので勉強「させられる」ではなくて、気が付けば「進んで勉強する」って姿勢になってるはずです。お子さんの場合は特にそうだと思います。

ただゲームにしても、極力「勉強している感」をなくすために、レジェンズたちの強化やガチャなどでゲーム要素も残してあります。

マグナとふしぎの少女:デッキ編成

なので英語学習の飽きられやすい点を最小限にとどめるような工夫もされているので、英語嫌いな人でもきっと長続きします。

ラーニング機能

マグナとふしぎの少女:ラーニング機能1

単純に勉強だけの機能もついてます。英語⇒日本語に訳す問題や、

マグナとふしぎの少女:ラーニング機能2

リスニング音声を聴いてその写真を選んだり、

マグナとふしぎの少女:ラーニング機能3

スペルの確認問題もついているので、お子さんの英語学習の導入としても役に立ちます。

キャラが一緒に発音してくれるので、お子さんでも集中が途切れることなく勉強に取り組めるようにもなってますね。

公式動画が豊富

歌おうマグナ『JingleBells(ジングル・ベル)』Normal -ふつう-

だいたいゲームアプリっていうと、公式動画はプロモーションだけだったりするんですが、マグナとふしぎの少女に関しては公式動画が多いんですよね。

ちゃんと更新されているので安心だし、上記のような子どもが喜ぶ動画もアップされてます。

この他にも家族や友達とバトルできるシステムもあるので、1人ではなくてみんなで勉強・遊べるのも英語が身に付きやすいポイントですね!

豪華声優陣で耳が幸せ

びっくりしたのが声優陣です。

あれ?この声ってもしかして…

と思い調べてみると、映画やアニメなどの第1戦で活躍されている方が声をあててました!

  • 大塚明夫
  • 柿原徹也
  • 沢城みゆき
  • 小山力也
  • 茶風林
  • 田中秀幸

さんなど映画の吹き替えなども担当されている有名な方の声でアニメーション舞台を楽しめます。

全く違和感がないというか、演技が素晴らしい方ばかりなので内容も頭に入ってきやすいですね。

デメリット

スマホのバッテリー消費が激しい

アプリとはいえ、アニメーション動画を見ることになるので充電の減りが早いんですよね。

出先だとすぐにバッテリーがなくなって電源が落ちる…ということもあるので、できれば充電しながらのプレイ推奨です。

連続でプレイできない

良いところでもあり、悪いところでもあります。

ハートを1つ消費して動画を見たりバトルをするんですが、ハートが1つ回復するのに30分かかります。

んでハートって結構消費するんですよね。長時間ゲームをし過ぎないようにって配慮もあるんだと思いますが、なかなか続きが見れなくてモヤモヤすることも。

子どもがプレイするときには最適なのかもしれませんが、

そんなの関係ねぇっ!

って大人には少し不便なシステムかもしれません。

まとめ~マグナとふしぎの少女

マグナとふしぎの少女は、受験勉強やTOEICなどには向いてません。

ただ子供向けの英語学習アプリとしてみれば、かなり効果の高いアプリだと思います。

なによりアニメーションを見ながらリスニング・スピーキングを鍛えられるってのは新しい発想ですしね。それに飽きないように継続できて、家族で楽しめるってのもおすすめできるポイントです。

英語学習の導入としては「神アプリ」といっても過言ではないと思います!