31日間無料でアニメや映画を見る方法はこちら

【徳島の休日に】徳島動物園・植物園・ファミリーランドで丸1日は潰せる!

徳島
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

徳島県の家族連れカップル向けスポットとして、徳島動物園植物園はいかが?妻と徳島動物園・植物園・ファミリーランドに行ってきたので感想と行き方、オススメの利用方法も紹介です!

人の少ない平日ならゆっくり見て回れるよ!

スポンサーリンク

植物園と遊園地も併設!徳島動物園【行き方も】

まずは徳島動物園への行き方を紹介。

(休園日:月曜 9時30分~16時30分まで営業。入園は16時までなので早めに行きましょう!)

場所は比較的わかりやすいと思います。

車で行く場合→徳島駅から約25分


バスでも同じく25分くらいで行くことができますよ。

徳島駅のバス乗り場(2番)→路線番号11「丈六寺南」行きに乗り、とくしま動物園前で下車(片道350円)

動物園というだけあり、やっぱり山奥にありました。窓の外の景色も、だんだんと市街地から山へと変わっていきます。

田舎道を走り途中から坂を登りますが、すぐに到着しました。駐車場有料(310円)ですが、広いので夏休みでも駐車スペースに困ることはないと思います。

入園料:大人600円(中学生以下は無料です)

いざ中に入ってみると、とにかく広い!気候別にいくつかのゾーンで構成されていました。最近はこうした作りの動物園の増えてきましたね。
徳島動物園

四国では最大級の大きさで、移動するだけでもかなりの運動になります。

かなり歩くので動きやすい格好が良いと思います。

動物の種類は、地方にしては多いほうかな?

  • ホッキョクグマ
  • ミーアキャット
  • レッサーパンダ
  • カワウソ
  • ライオン
  • キリン
  • ゾウ…etc

など、子どもが見ても喜んでくれると思います。(この他にもまだまだいました!)
徳島動物園のホッキョクグマミーアキャット

そして徳島動物園の良いところは「動物との距離の近さ」です。フライングケージ?という施設では、人間と鳥たちとの間に柵がないんです!こんな風に、間近で見れちゃいます。
徳島動物園で見た鳥
すぐそこ!普通に鳥が歩いてます。笑

次のゾーンに行くときに「ただ歩かされているだけ」という感じは否めませんでした…。もう少し工夫できないものかなぁ…?という気もしましたが。

園内には大きな広場もあり、ピクニックもできるようになっています。実際にブルーシートを敷いてお弁当を食べているご家族もいましたよ!

天気のいい日には最適ね!

食堂もありましたが、メニューにそこまでこだわりは感じず。家族で行くなら、お弁当持参して広場で食べた方がいいかもしれません!
徳島動物園内にある食堂
(食堂内からの写真です。風が強く、せっかくのメニューが飛ばされそうでした…)

遊園地は子ども向け・植物園はカップルや夫婦向け!

徳島動物園の近くには、遊園地(ファミリーランド)植物園も併設されています。遊園地・植物園ともに動物園から歩いていける距離にありますが、植物園は車で行かないと厳しいかもしれません。(坂を登るので)

遊園地は入場無料ですが、アトラクションに乗る場合は1回につき300円必要です。

  • 乗り物チケット1枚:300円
  • 回数券:11枚3000円(1回分お得です)
  • 1日フリーパス:3200円(取扱いは土日祝のみ)

という料金設定です。観覧車等ありましたが種類は少なく、お客さんもあまりいませんでした。

うーん…どうなんだろう…。

この内容でこの料金設定なら、ちょっと高いかなぁと感じてしまいました。子どもなら喜びますが、カップルには不向きかもしれません。(しかし残念ながら、徳島で遊園地はここだけなんです…)

植物園は無料で観覧できます。
徳島動物園の植物園

ウォーキングコースとしても利用でき、運動しながら自然を楽しめるのがgood!年配の方々でウォーキングをされている人が多かったですね。春には桜も咲いており、写真映えします。
徳島植物園の桜
ここならカップル・夫婦に堂々とオススメできます!春に行けばキレイな桜、秋には紅葉が楽しめますよ。

人も少なく静かな場所なので、パートナーとゆっくりした時間を過ごせると思います。

好きな人に思いを伝えるには最適な場所…!

徳島にいるなら1度は行ってみてもいいかも

徳島動物園・植物園・遊園地(ファミリーランド)ですが、地元民に聞くとリピートして行く人は少ないみたいですね。

1回は行くんだけどねぇ…

徳島はカップルや夫婦で行ける場所が少ないので、まだ行ったことがないなら行ってみるのもいいでしょう。影が少ないので、夏に行く場合は紫外線熱中症対策をしっかりね!

参考元徳島動物園公式ホームページ